恋愛関係や人の絆や繋がりなどの花言葉が中心になっています。

MENU

アサガオの花言葉(1)

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

アサガオの花言葉01

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

アサガオの花言葉やその意味などをまとめています。

 

アサガオは平安時代に日本に渡来した花で、朝4時頃咲く花です。

 

アサガオの名前の由来は、早朝に咲くことから「朝の顔」と認識されがちですが、早朝に咲いて昼には萎んでしまうことから、「朝の容花(かおばな)」というのが一般の説だそうです。

 

最盛期は7月、8月で夏の花です。

 

花色はピンクが有名ですが、他にも白色のアサガオもあります。
よく小学校などでも植えたり、育てたりする花でもあります。

 

アサガオは水を好むので、土が乾いていたらたっぷりと水をあげるようにして下さい。
真夏は、朝と夕方の1日2回水をあげましょう。
朝に水をあげる場合はなるべく早い時間(7時前など)にあげるようにして下さい。

 

花言葉には、「はかない恋」、「はかない愛」などがあり、朝に咲かせた花が午後には萎んでしまうという命のはかなさが由来していると言われています。

 

また、「固い絆」は、ツルが支柱にしっかりと絡むことが由来と言われています。
その他にも「愛情」、「結束」、「短い愛」、「平静」などがあります。

 

アサガオの花言葉は、花の色によっても違います。

 

青いアサガオの花言葉には、「はかない恋」や「短い愛」があります。恋愛の情熱としての暖色系(赤やピンク)とは違い、短くはかない恋愛で終わってしまった思い出などが花言葉になっています。

 

紫色のアサガオの花言葉は「冷静」で、白色のアサガオには「固い絆」という花言葉があります。

 

全体的に恋愛関係や人との絆や繋がりといった意味合いでの花言葉が中心になっているようです。

 

同じ花でも花の色によって微妙に花言葉が違います。
それぞれの目的に合わせて花の色をチョイスしても良いかもしれません。
気持ちをお花にそえて大切な人に花を贈ってみませんか。