カラーバリエーションも豊富なアサガオの花言葉は色別に色々あります。

MENU

アサガオの花言葉(2)

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

アサガオの花言葉02

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

アサガオは夏に咲く花で知名度も高く、人気のある花です。
朝に咲く色鮮やかな花は、夏の朝の爽やかな気分にピッタリです。

 

奈良時代に中国から日本に渡ったアサガオは、江戸時代には2度のアサガオブームがありました。

 

昔から日本人の生活と馴染みのあるアサガオは、千利休が茶席に人を迎える際に利用したり、風物絵などにもしばしば描かれてきました。

 

観賞用植物としてピンクなどカラーバリエーションも豊富です。

 

東京の入谷で行われている「朝顔市」は歴史があり、夏の風物詩として有名な行事です。

 

このアサガオの花言葉には「はかない恋」「固い絆」「愛情の絆」「平静」 「あふれる喜び」「冷静」「短い愛」 「結束」などがあります。

 

ツルを伸ばし、枝に絡み成長することから、人と人との繋がりや絆、結束という場面での花言葉として利用されることが多いようです。

 

アサガオは花の色によっても様々な花言葉があります。

 

花を咲かせる時期7月~9月と短く、朝早くに咲き萎むのも早いことから「はかなさ」というワードも目立ちます。

 

アサガオの種類は、改良が進むにつれたくさんの種類の朝顔が栽培されるようになりました。

 

最近は、エコブームということもありアサガオのツルに絡む習性を利用したグリーンカーテンなどで楽しむ方も増えているようです。夏の日差しを避ける目的で利用したり、観葉としても人気があります。

 

アサガオは栽培がしやすいため、種を採りやすい品種については色々なものが広く市販されています。ちょっとしたスペースやプランターなどでも栽培可能なので、家庭菜園や学校の園芸スペースなどで利用されることの多い花でもあります。

 

アサガオの花言葉(1)はこちら