トルコの「花に思いを託して恋人に贈るという風習」が起源とされています。

MENU

何気なく使っている花言葉ですが、元々は誰が何のために考えたのでしょうか。
日本と海外では花言葉に違いがあるのはなぜでしょうか?

 

花言葉の起源

男の人と花束

色んな説がありますが、発祥は、17世紀頃のトルコだと言われています。トルコでは、恋人への贈り物として、文字や言葉ではなく、「花に思いを託して恋人に贈る風習(セラム)」があったそうです。
これが、ヨーロッパ中に広がり、各国でその花のイメージからその国のオリジナルな花言葉が出来上がったそうです。

 

イギリスのイスタンブール大使夫人だった、メアリー・W・モンタギュー夫人がそんなトルコの人たちの風習を花言葉の文化として、イギリスで一冊の本を出版したのが、一番の始まりだと言われています。その本が後にヨーロッパおよびアジア・アフリカまで伝えられたそうです。

 

この花言葉の文化がヨーロッパで流行るキッカケを作ったのが、フランス人の女性です。
仏国では、上流階級の間で好意を寄せる人への思いや悪口・批判などを、花や植物に例えて詩にする文化が流行し、このようなエッセイを書き綴ったノートを回覧していました。
1819年12月にシャルロット・ド・ラトゥールが書いた「 Le Langage des Fleurs 」(直訳で「花の言葉」)が出版されるとフランスで大ブームとなり、こぞって人々が使う様になりました。
それがヨーロッパに広がり、日本にも伝えられたのです。

 

 

花言葉の由来

花言葉はそれぞれの国の歴史、風習、神話や伝説から生まれ、当然宗教的な事も関わってくるため、同じ花でも花言葉が全然違う場合があります。

 

日本に花言葉が「輸入」されたのは19世紀末の明治初期だと言われています。当初は、輸入された花言葉をそのまま使っていましたが、やがて日本人の風習や歴史に合わせて日本独自の花言葉が形成されていきました。

 

ちなみに日本では花が咲くのは野菜も同じです。ダイコンの花言葉は潔白、牛蒡は人格者、ほうれん草は健康と、野菜でもちゃんとした花言葉があるそうです。