赤ちゃんの吐息と言われるように、赤ちゃんや子供の無邪気さが花言葉にも繋がっています。

MENU

カスミソウの花言葉

 

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵

カスミソウの花言葉

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵

 

カスミソウは小さな白い花で、春霞のように見えることが花名の由来です。

 

春霞とは、春の季節に立つかすみで遠くの景色が見えにくくなることを言います。
また、英名ではベイビーズブレス(赤ちゃんの吐息)と呼ばれています。

 

ヨーロッパやアジアを原産地とする花で、和名では、霞草(カスミソウ)と書きます。

 

開花時期は5月~7月で、最盛期は6月です。

 

花色はピンクがあります。

 

花持ち時間は4日~1週間程度です。

 

カスミソウの種類は、100~150種類程あります。
日本で見られるものは、カスミソウ、宿根カスミソウ、矮性カスミソウ3種類です。  

 

種まきは、秋に蒔けば春に咲きますが、春に蒔けば2ヶ月程で花を咲かせます。

 

カスミソウは、小さくかわいらしい花なので、ちょっとしたスペースなどで栽培可能です。
プランター栽培や小さいお庭などの家庭菜園でも花を咲かせることが可能です。

 

カスミソウの花言葉には、「清らかな心」「無邪気」「親切」「幸福」というキーワードがあります。

 

カスミソウは、お祝いの時などに単体で贈るというよりも、他のメインの花と一緒に贈ることが多いです。そのことからも親切という花言葉はピッタリかもしれません。

 

赤ちゃんの吐息と言われるように、赤ちゃんや子供の無邪気さが花言葉にも繋がっています。

 

また、カスミソウの花は女性らしさを感じる見た目で、女の子などが持っていると似合う花でもあります。

 

清楚という花言葉が似合う花です。
ありがとう」や「感謝」、「切なる喜び」などの意味合いもあります。

 

ウエディングなどのシーンにカスミソウのリースを作られることでも有名です。
ブーケや王冠などにしてもよく合います。

 

小さくてかわいらしいカスミソウの花は、様々な用途に利用出来る花でもあります。
シーンに合わせて、花言葉と共に利用されてみてはいかがでしょうか。