赤色や、黄色、白色と花の色によってそれぞれの花言葉があります。

MENU

ポピーの花言葉(1)

 

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

ポピーの花言葉01

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

 

日本でも春から初夏にかけて見られる花であるポピーの花言葉や名前の由来、詳細などを紹介しています。

 

ポピーはケシ科ケシ属の花で、和名を雛芥子(ヒナゲシ)と言います。

 

原産地はヨーロッパで、4月~6月が開花時期となります。

 

種まき時期は、8月~9月にかけてまきます。
日当たりと水はけのいい場所を好みます。

 

花持ち期間は、3日程度です。

 

花色の種類には、ピンクオレンジ黄色白色などがあります。
英語、フランス語、中国、日本での国によって呼び方が違います。

 

日本名の「ひなげし」は名前の由来として、ひなが小さく可愛いらしいという意味を持つことから「ひなげし」と名付けられました

 

ポピーは春の訪れと共に色彩豊かな花を咲かせ、ポップでカラフルなイメージのある花です。
見ているだけで明るい気持ちになります。

 

ポピーの花言葉には、「いたわり」「思いやり」「恋の予感」「陽気で優しい」「想像力」などがあります。

 

また、花の色によってそれぞれの花言葉があります。
ポピーの花言葉を色別で紹介します。

 

赤色は、「なぐさめ」「感謝」「喜び」などがあります。

相手をいたわったり、思いやる気持ちなどの意味あいの強い花言葉です。

 

黄色は、「富」や「成功」などの花言葉があります。

富や成功などの仕事関係での前進、出世などのイメージのある花言葉です。

 

白色は、「眠り」「忘却」などがあります。

眠りや忘却以外にも休息、無気力などが花言葉でネガティブな表現にも受け取れます。

 

ポピーは、園芸用や食用などの用途があり身近な花のひとつです。
江戸時代には浮世絵などにも好んで描かれており、芸術との関わり合いもありました。

 

春の訪れやあたたかさと共に開花するポピー鑑賞では、色彩豊かな花が見られるので、お花観賞にでもお出かけになってみてはいかがでしょうか。