ポピーは部屋などに飾って良い気を取り入れる方法としておススメです。

MENU

ポピーの花言葉(2)

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ポピーの花言葉02

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

ポピーの花言葉を紹介致します。
ポピーは、ケシ科の植物で約150種が世界に分布しています。

 

鉢植えや露地植えなどで栽培可能な花です。
花期は、3月~5月で春の暖かさと共に観賞を楽しめる花です。

 

花色には、ピンクオレンジ黄色などがあります。
やさしい雰囲気を持っているところが魅力になっています。

 

日本名では、雛罌粟(ひなげし)、虞美人草(ぐびじんそう)とも言われています。

 

花言葉は、「恋の予感」「いたわり」「陽気で優しい」「思いやり」「眠り」「なぐさめ」などがあります。

 

花のイメージと同じように、「優しさ」という言葉が多く、ピッタリな表現になっています。

 

花言葉とはどういったものなのかを紹介しようと思います。

 

そもそも花言葉はいつ生まれたのでしょうか。

 

発祥は17世紀のトルコという説が有力で、その後19世紀のヨーロッパで盛んになったと言われています。フランスの貴族社会などでは花言葉を恋の駆け引きなどに利用したそうです。

 

花によっては呼称も国によって違い、同じ花でもイギリス、フランス、中国、日本で呼び方が違うものなどもあります。

 

日本に花言葉が入ってきたのは明治になってからで、現在では日本花普及センターが中心になって決めています。四季をふまえつつ親しみやすい花言葉にされているようです。

 

花言葉の歴史は400年とも言われ、相手にメッセージを贈る習慣として古くから利用されてきました。

 

ポピーは、つぼみが開く瞬間に大きなエネルギーが出るので、風水でもおすすめの花になっています。お部屋などに飾って良い気を取り入れましょう。

 

ポピーの花言葉(1)はこちら