日本のスズランの花言葉は幸せが再び訪れる、ヨーロッパは純粋、純潔です。

MENU

スズランの花言葉

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

スズラン

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

スズランはスズラン亜科スズラン属の4月~5月に咲く多年草です。
名前の通り小さな鈴のような花が特徴的なかわいい花で、世界中でとても人気のある花です。
白い色のものが多いですが、ピンクや赤などの色のスズランもあります。

 

よく花屋などで見かける観賞用のスズランはヨーロッパ原産の「ドイツスズラン」なのですが、日本でも東北や北海道の高地などに自生している「エゾスズラン」はドイツスズランに比べて小さいことや花の香りが弱いのが特徴です。

 

ヨーロッパのほうでは5月の花として有名で、フランスでは5月1日にスズランの花を誰かにプレゼントすると、贈った方も送られた相手も幸福になる、と言われています。

 

これは1500年代に当時のフランスの王様がスズランが大好きで、毎年宮廷の女性たちにスズランを贈っていた風習からきており、5月1日を「ミュゼの日」(スズランの日)と呼んでいます。

 

また、花嫁にスズランを贈る風習もあるほどフランスではとても愛されている花です。

 

日本ではスズランという呼び名のほかに「君影草」や「谷間の姫百合」と呼ばれる事もあります。

 

君影草は葉の陰でひっそり花を付けるところが、女性が男性の陰で清楚にたたずんでいる姿と重なるところから呼ばれ、谷間の姫百合はスズランが英語名で「Lily of the valley」(谷間の百合)と言われるためです。

 

かわいらしい見た目の反面、「コンバラトキシン」「コンバラマリン」「コンバロシド」などの「強心配糖体」という毒を持っている植物でもあります。

 

日本で自生しているエゾスズランは山菜の一種である「ギョウジャニンニク」と外見が似ている為間違って摂取してしまうことがあります。

 

摂取してしまうと嘔吐、めまい、頭痛、心不全、心臓麻痺など重篤な症状を引き起こす危険性があり、最悪の場合死に至ることもあります。

 

また、スズランを活けた水にも毒が溶け出す為、ペットや小さなお子様のいる家庭で栽培をされる場合は、決して水を飲まないようにするように注意をすることが必要です。

 

 

スズランの花言葉

 

スズランには素敵な花言葉がたくさんあります。

 

スズランは寒い北の国に自生する事が多く、開花時期が春であることから「幸せが再び訪れる」という花言葉が、ヨーロッパでは聖母マリアの花とされている事から「純粋」「純潔」という花言葉があります。

 

その他にも「無意識の美しさ」「リラックス」「平穏」「謙遜」などといった、小さなかわいらしい花を表した花言葉もあります。

 

愛する女性に贈るのには適切なお花であるといえますので、この機会にスズランの花束を大切な女性に贈ってみてはいかがでしょうか?